IBMとマイクロソフトが提携!AzureでDB2やWebSphereが、IBMクラウドでSQL Serverが提供される事に

少し前のIBMとAppleの業務提携という意外な組み合わせのニュースにも驚きましたが、ある意味今日のニュースの方がもっと意外な組み合わせの協業ですね。

- 米マイクロソフトと米IBM、大企業向けクラウドで提携:日本経済新聞
米マイクロソフト(MS)と米IBMは22日、大企業向けのクラウドコンピューティング分野で提携すると発表した

- IBM News room - 2014-10-22 IBM and Microsoft to Offer Greater Choice in the Hybrid Cloud - United States
Cloud leaders collaborate to help clients and developers move to the cloud faster and seize new business opportunities

IBMとマイクロソフトがクラウド領域で提携するとは驚きです。どちらも独自のクラウド(IBMはSoftLayerとBluemix、マイクロソフトはAzure)を持っていますので、普通に考えるとライバルですからね。

上記IBMプレスリリースには次のことが書かれています。

* Azure上で、WebSphere Liberty (WebSphere Application Serverの新しい実行ランタイム)、MQ、DB2といったIBMソフトウェアが提供される
* IBMクラウド上で、Windows Serverと、SQL Serverが提供される
* PaaSのIBM Bluemix上で.NET Runtimeが動くようにマイクロソフトとIBMが協力する
* IBM ソフトウェアがHyper-V上で動作するようにIBMがサポート範囲を広げる
* IBM Pure Application Service(IBMのクラウドイメージ管理)をAzure上で動かせるように両社が協力する

という事は、Azure上で簡単にDB2を稼働させたり、SoftLayer(もしくはBluemix)上でSQL Serverを簡単に稼働させる事ができるようになるという事ですね。技術的には難しいことではないので、あとはライセンスがどういった体系で提供されるかですね。1時間単位でDB2やSQL Serverが使えるライセンスが提供されると、非常に使いやすくなるのですが。

一方でBluemixで.NET Runtimeを動かすというのは、色々と開発が必要そうですが(今のところBluemixはLinuxベースで作られているので)、アプリ開発者が利用できる言語が増えるので、こちらも期待大です。

#CLUBDB2 11/14はテープ装置の最新事情を開発者の方に解説していただきます

DB2の勉強会 CLUB DB2の次々回11/14(金)は、テープ装置の最新事情です。8年間やっているCLUB DB2ですが、テープ装置のみにフォーカスした勉強会は初開催だと思います。

- 古くて新しいテープドライブの話 (テープは過去のデバイスなのか?)
テープドライブはデータのバックアップやアーカイブ(長期保存)といった用途で使われているため、直接触ったことが無いという方も多いのではないでしょうか? 普段接する人が多くないので、Web等でもあまり最新の情報が出づらいテクノロジーです。テープはもう過去のデバイスなのでしょうか?
いえいえ、そんな事はありませんよ。実はこんなにテープって面白いテクノロジーなんです...というのが、今回の勉強会の内容です。

昨今のシステムは取り扱うデータサイズが大きくなる一方ですので、大容量のデータを保存できるテープの価値が再発見されつつあります。テープにデータを保存した後は、保管に電力を使わないため、総合的には、安価で安定して記録を保管できる長期保存メディアとしても重宝されています。
また、最近のテープ装置は速度や容量が向上するだけでなく、ファイルシステムのように見える機能など、これまでのテープの概念を覆すような進化を遂げています。
今回はIBMのSSD/テープ・システムズ開発部門で最新のテープ装置を開発されている安部さんをお呼びして、テープデバイスの歴史や進化、プログラムから見たテープ装置、最新機能やその実装方法などについて解説していただきます!
テープ装置開発の最先端の話を聞いてみませんか?きっと開発者しか知らないディープな話が聞けるはず。テープ装置を触った事が無いかたも、ぜひお気軽にご参加ください。

引用にあるように、今回はIBMでテープ装置開発をされている安部さんにご講演いただきます。
テープ装置開発の最前線に居るエンジニアによる、テープの基本と、最新事情。普段使ったことが無いかたでも非常に興味深い話が聞けると思います。特に前提知識は不用ですので、ぜひお気軽にご参加ください。上記URLで申し込み受付中です

また、今週末(10/24)の「第190回 NoSQLベースのDB as a Service "Cloudant" って知ってますか?」も申し込み受付中ですので、こちらもぜひ。
- 第190回 NoSQLベースのDB as a Service "Cloudant" って知ってますか?
デー タベースといえば、当然リレーショナルデータベース(RDB)を想像される方が多いと思いますが、最近はNoSQLと呼ばれる、リレーショナルデータベー ス(SQLで正規化されたデータにアクセスするデータベース)とは全く異なるデータベースが活用される事が増えてきています。

NoSQLはRDBを置き換えるもの、というよりは、RDBの苦手としている分野に強みがあるデータベースで、それぞれが補完関係にあります。
IBMが今年買収完了(する予定)のCloudantも、そのNoSQL型データベースの一種で、DB as a Service (DBaaS)としてクラウドで提供されています。
今回のCLUB DB2では、そのCloudantについて、解説いたします。基礎から解説しますので、「NoSQLって何?」という初心者の方でも大丈夫。ぜひお気軽にご参加ください!

#clubdb2 10/24は9月に予定していた、NoSQL型データベース Cloudant の解説をやります

気づくともう10月半ば。今年のCLUB DB2(DB2の勉強会)も残すところあと三回になりました。

次回10/24(金)のCLUB DB2はRDBとは異なるタイプのデータベース、NoSQLのCloudantの勉強会です。

- 第190回 NoSQLベースのDB as a Service "Cloudant" って知ってますか?
デー タベースといえば、当然リレーショナルデータベース(RDB)を想像される方が多いと思いますが、最近はNoSQLと呼ばれる、リレーショナルデータベー ス(SQLで正規化されたデータにアクセスするデータベース)とは全く異なるデータベースが活用される事が増えてきています。
NoSQLはRDBを置き換えるもの、というよりは、RDBの苦手としている分野に強みがあるデータベースで、それぞれが補完関係にあります。

IBMが今年買収完了(する予定)のCloudantも、そのNoSQL型データベースの一種で、DB as a Service (DBaaS)としてクラウドで提供されています。

今回のCLUB DB2では、そのCloudantについて、解説いたします。基礎から解説しますので、「NoSQLって何?」という初心者の方でも大丈夫。ぜひお気軽にご参加ください!

Cloudantの回は9月にもともと予定していたのですが、こちらの都合で急遽中止にさせていただいたために、申し込んでいただいた方にはご迷惑をお掛けしてしまったのですが、改めて来週開催させていただきます。

引用に書いたように、DB as a Service (DBaaS) なので、すぐに使い始められますし、商用サービスではありますが、無料利用枠もありますので、気軽に試すことができるサービスです。
NoSQLとは?なぜ今注目されているの?という基礎から解説しますので、前提知識無しでも大丈夫です。

ご興味がある方はぜひご参加ください。上記URLから申し込み受け付け中です。

またその次の11月14日(金)のCLUB DB2では、テープ装置の最新事情を解説していただく予定です。こちらもお楽しみに。

#clubdb2 10/10はMySQLのエキスパート奥野さん、三度登場!「データベース設計徹底指南!!」再講演

DB2の勉強会 CLUB DB2 ですが、そろそろ今年の予定の終盤に近づいてきました。10月に2回、11月に2回とあと4回です。

さて次回10/10(金)は、MySQLのエキスパートとして有名な奥野さん(@nippondanji)に再度御登壇いただいて、「データベース設計徹底指南!!」を再度講演いただきます!

この内容は今年2/14に開催したもので、当時多くの参加申し込みをいただいていました。しかし10年に一度という大雪が東京近辺に降った影響で、せっかくの講演を楽しみにしていたのに参加できなかったという方が多数いらっしゃったのです。そのため、奥野さんに10月10日という確実に晴れそうな日に再度講演をお願いして、快諾いただいたというわけです。

内容は以下の引用にあるように、特定のRDBに限ったものではなく、データベース論理設計の普遍的な概念をとりあつかったもので、RDB技術者必聴の内容です。奥野さんの熱い解説を渋谷に聞きにきませんか?

以下のURLで申し込み受け付け中です。

USTREAM中継も実施予定ですが、こちらは機器やネットワークの調子でうまく中継できない場合もありますので、その場合はご容赦ください。

- 第189回 (リラン決定)データベース設計徹底指南!!
あの大雪の中20名を超えるツワモノ来場者と泣く泣くUstream中継視聴者が数十名にのぼった伝説の回リラン決定!

奥野幹也氏(@nippondanji)が三度CLUB DB2にやって来ます!

※前回は大雪の2014年2月14日ご講演いただきましたが、あいにくの悪天候の為、直接熱い思いを聞きたかった方々のご要望にお応えして、今回は晴れの特異日10月10日開催決定!

MySQLのエキスパートとして有名であり(著書多数)、またBlog「漢(オトコ)のコンピュータ道」でMySQLだけでなく、LinuxやSQLについての熱いメッセージを発進しつづけている奥野さんのご講演です。

昨年(2013年)11月に「DBエンジニアのための技術勉強会」で講演されて大好評だった「データベース設計徹底指南!!」をCLUB DB2で再演していただきます!

内容はMySQLやDB2といったDB製品に依存した内容ではなく、RDBを使う上での普遍的な設計方法、考え方を深く解説するというもので、DBエンジニア必見の内容です。

2月に参加できずに悔しい思いをした方、もしくは後から評判を知って聴いてみたいと思った方、ぜひご参加ください。どんな内容か知らないという方は以下のURLでぜひ熱い内容を確認してみてください。きっと講演を聴いてみたくなると思いますよ。

DB2は"bash脆弱性(bash bug)"の影響はありません

先日から大きな話題になっているbashの脆弱性(bash bug)ですが、DB2には影響がありません、というアナウンスが出ていますので紹介します。

- IBM DB2 is not affected by the Bash vulnerabilities (CVE-2014-6271, CVE-2014-7169, CVE-2014-7186, CVE-2014-7187, CVE-2014-6277, and CVE-2014-6278) - United States
IBM DB2 in all editions and all platforms is NOT vulnerable to the Bash vulnerabilities (CVE-2014-6271, CVE-2014-7169, CVE-2014-7186, CVE-2014-7187, CVE-2014-6277, and CVE-2014-6278).
IBM recommends that you review your entire environment to identify vulnerable releases of Bash including your Operating Systems and take appropriate mitigation and remediation actions. Please contact your Operating System provider for more information.


IBMソフトウェア製品のほとんどはbashを同梱していませんので、この脆弱性の直接的な影響がある製品はあまり多くないと思われます。ただ、アプライアンス型の製品は内部にLinuxを使っている場合もありますので、その場合は何か影響があるかもしれないですね。

「これだけはおさえたい DB2 の運用」シリーズ

IBM developerWorksで、「これだけはおさえたい DB2 の運用」というシリーズ連載がスタートしました。
第一回は「DB2 運用管理の概要編」です。

- これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 運用管理の概要編
この記事では、DB2 を運用していくにあたって必要となる作業の全体像についてとりあげます。 個々の運用作業や、それらを支援する DB2 機能は、「これだけはおさえたい DB2 の運用」シリーズの後続の記事でさらに詳しく説明します。このシリーズは DB2 10.5 を前提としますが、DB2 9.7/DB2 10.1 など最近の DB2 であれば基本的に共通となる内容としています。

上記にあるように、特に最新のDB2に限った内容ではなく、過去のバージョンでもそのまま活用できる基礎的な内容になっています。
こういった情報は、基礎的過ぎて逆に情報が少ないので、連載形式で詳しく解説してくれるのはとても貴重ですね。

第二回以降はまだ掲載されていないようですが、以下の記事が予定されているようです。
これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 運用管理の概要編
これだけはおさえたい DB2 の運用: 障害回復のためのバックアップ・リカバリー編
これだけはおさえたい DB2 の運用: パフォーマンス維持のための運用 (REORG と RUNSTATS) 編
これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 を "見える化" するためのモニタリング運用編
DB2 の自動メンテナンス機能でここまでできた


DB2用Ruby/Railsアダプタ IBM_DB 2.5.18リリース。Rails 4.1を正式サポート

先月の話ですが、DB2を含むIBMデータベース用のRubyドライバ、かつRuby on Rails用のアダプタであるIBM_DBの新バージョンv2.5.18がリリースされていました。

以前はRuby用ドライバとRails用アダプタは同じバージョン番号が付いていたのですが、最近はRuby用ドライバ側が安定してきたのか、Rails用アダプタだけが更新される事が多いみたいですね。今回もRails用アダプタだけが更新されています。

- Rails Adapter/Ruby driver for IBM DB2 and IBM Informix
2014/08/03 (IBM_DB adapter 2.5.18, driver 2.5.14) :
- Support for Rails 4.1.x
- Enhanced installation to pull IBM Data Server Driver automatically if not present

今回の大きな変更点はRails 4.1をサポートしたことですね。過去のバージョンでも一部制限がありつつも動いていたようですが、正式にサポートされたのは大きな変更点です。

あと、インストール時に自動的にIBM Data Server Driverを引っ張ってくると書かれているのですが、これはgem install時、ドライバが入っていない場合はファイルを自動的にダウンロードしてくれるという事のようですね。

#clubdb2 次回は9月27日(土)お昼開催、クラウド上にディザスタリカバリDBを作成するハンズオン

お申込みいただいた方には直接ご連絡させていただきましたが、DB2の勉強会 CLIUB DB2の9月5日開催予定だったcloudantの回は急遽キャンセルさせていただきました。楽しみにしていただいていた方には申し訳ありません。どこかでcloudantの回は実施したいと思っておりますので、今後のご案内をぜひお待ちいただければと思います。

さて次回の CLUB DB2 は、土曜お昼開催のハンズオン(実機演習)です。今年は5月に続いて二回目の開催で、5月と同様 IDC Frontier 社共済のクラウドハンズオンです!

- 第188回 [土曜開催] DB2 HADR作成ハンズオン - ディザスタリカバリ対応DBをIDCFクラウド上に作る!
土曜日お昼の「ハンズオン(実機での演習)」、今年2回目の開催です!
5月のハンズオンは初心者向けのSQL学習でしたが、今回はDB構築のハンズオンです。昨今話題になる事が多くなったディザスタ・リカバリ(DR)用のデータベースシステムの構築方法をハンズオンで体験していただきます。

前回がかなりベーシックな内容だったのと比較して、もう少し高度な内容の実習です。内容としてはディザスタ・リカバリ(地震などで広域に障害が発生した際の待機系でのリカバリー)用DB作成です。前回同様、座学を少しやったあとは自習方式で端末からクラウドのDB2を操作して、構築作業を体験していただきます。
やや高度になったとはいえ、スタッフがご質問に対応しますので、初心者の方でも大丈夫です。

DB2にはHADRというディザスタ・リカバリ用DB作成機能があるのですが、その機能を使って、東京-福島の2拠点を結ぶデータベースを作成していただく、というハンズオンを実施予定です。クラウドならではの安価な待機系DB構築を体感していただければと思います。

ハンズオンを実施する関係上、最大30名までの参加者に限定させていただいていますので、ご興味のあるかたはぜひお早めに思うしこみください。

前回はクラウド環境で仮想環境を作る部分に時間がかかった事についてはIDC Frontierさんと協力して改善していますので、今回は(講習後に)すぐにDB2の設定に入っていただけるようになっています。HADR機能にご興味がある方、もしくは安価なクラウド上の待機系DB構築にご興味のあるかたはぜひお気軽にご参加ください。

なお例によって、参加自由の懇親会を勉強会後に開催いたします。こちらもよろしければご参加ください。

7月に開催した #clubdb2 の内容がWEB記事になっています

紹介が遅くなしましたが、7月に開催した CLUB DB2「データベース技術者は、データとどう向き合えばいいのか。みんなで考えてみよう!」を取材していただいて、WEBの記事になっています。

- 「データ分析」と「データベース技術者の心」の距離は近いか遠いか:企業のIT・経営・ビジネスをつなぐ情報サイト EnterpriseZine (EZ)
IBM DB2の勉強会「ClubDB2」が開催された。テーマは「データベース技術者は、データとどう向き合えばいいのか。みんなで考えてみよう!」。ビッグデータをテーマに動向解説にディスカッションを交えた会となった。講師は一志達也氏。

一志さんの熱演をとてもわかりやすい記事にしていただいています。参加したかったんだけど、できなかった。。という方はぜひ読んでみてください。

9/24に今年最後(多分)のDB2 BLUオンラインハンズオン研修が開催されます

以前にも何度か紹介していますが、今年も隔月間隔でDB2 BLU(DB2のカラムナDB機能)のオンラインハンズオン研修(DB2 BLU Acceleration Hands-on@Cloud !)が開催されています。オンラインでの研修ですので、電話とインターネットが繋がる環境であればどこからでも参加できる無料の研修です。

- DB2 BLU Acceleration Japan Unofficial Wiki : DB2 BLU Acceleration Hands:on@Cloud !
お客様やビジネス・パートナー様向けに、最新版 DB2 V10.5で搭載されたカラム型DBの機能をハンズオン形式でご体験いただける機会です。もちろん、無償でご提供します。ハンズオン当日は所定の時間にパブリック・クラウドを利用して「一人1台」の環境で実際にDB2の導入やカラム型DBの操作感をご経験いただきます。リモートで講師もスタンバイしますのでご質問も可能です。御社に居ながらにして、集合研修と変わらないエクスペリエンスをご提供いたします。

次回(というか今年最後のようですが)は、9月24日(木)です。
インターネットと電話さえあれば参加できますので、DB2やDB2のカラムナ(列思考)データベース機能にご興味のある方はぜひご参加ください。

検索
著書
DB2cover_small.jpg
DB2の管理方法を解説した本を書きました。
CLUB DB2 今後の予定
ad
リンク集
about this site
recommend
プログラマのためのSQL 第4版
プログラマのためのSQL 第4版 (JUGEMレビュー »)
ジョー・セルコ
名著が第4版として、内容拡充されて発売されました。SQLの考え方を基礎からしっかり学習したい方にお勧めです。
recommend
recommend
WebSphere Application Server 構築・運用バイブル 【WAS8.5/8.0/7.0対応】
WebSphere Application Server 構築・運用バイブル 【WAS8.5/8.0/7.0対応】 (JUGEMレビュー »)
串宮 平恭,達見 圭介,田中 孝清,原口 知子,福崎 哲郎,盛林 哲
WebSphere Application Serverの運用管理本が出ました!WAS v7〜v8.5まで幅広いバージョンに対応しています。
recommend
recommend
Effective Java 第2版 (The Java Series)
Effective Java 第2版 (The Java Series) (JUGEMレビュー »)
Joshua Bloch
すべてのJava開発者必読の書が大幅改訂されて第2版になりました!。
文法などは解説していませんが、Java言語でプログラムを書くにはどういう事に気をつけるべきかという事が非常に端的に、かつ明確な理由とともに解説されています。
第2版ではJava SE 6対応がなされ、第1版で提案してJava SEに取り込まれた部分は整理され、新しい機能であるGenericsやアノテーションについての記述が多数追加されています。以前に増してお勧めできる書になりました。
まだ読んだことが無いJava開発者はぜひ読んでみてください。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

基礎的なSQLは書けるようになったけど、今ひとつSQLのルールになんとなくしっくりこない、腑に落ちない。そんな人にお勧めの入門書です。SQLの根底に流れる基本的な考え方をやさしく解説してくれています。(レビューはこちら)
recommend
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方 (JUGEMレビュー »)
ジョー・セルコ,Joe Celko
SQL入門を終えて、SQL中級/上級者になりたいと考えている方にぴったりのトレーニング本です(レビューはこちら)
recommend
XML-DB開発 実技コース
XML-DB開発 実技コース (JUGEMレビュー »)
下佐粉 昭,野間 愛一郎,久保 俊彦,高橋 賢司
XML-DBのやさしい入門書です。XMLの基礎から、XPath,XQueryの解説、設計の基礎、Javaでのプログラミング等盛りだくさんの内容です。
recommend
データベースパフォーマンスアップの教科書 基本原理編
データベースパフォーマンスアップの教科書 基本原理編 (JUGEMレビュー »)
エンコアコンサルティング
DBMSの基本的な内部構成、動作についての考え方をやさしく解説してくれています。(レビューはこちら)
recommend
メインフレーム実践ハンドブック z/OS(MVS),MSP,VOS3のしくみと使い方
メインフレーム実践ハンドブック z/OS(MVS),MSP,VOS3のしくみと使い方 (JUGEMレビュー »)
神居 俊哉
メインフレームの技術について、基礎概念から、実践的な使い方までを網羅した初めての解説書です。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

CSSの概念/基礎をしっかりと解説してくれるCSS入門書。サイトへの実践的な適用方法も解説されています(レビューはこちら)
無料のDB2 Express-C
DB2 Express-C ダウンロード
recent entries
categories
recent comments
  • OpenSSLのHeartbleed脆弱性(CVE-2014-0160)は、DB2には影響ありません
    SIM (04/24)
  • OpenSSLのHeartbleed脆弱性(CVE-2014-0160)は、DB2には影響ありません
    oda (04/23)
  • IBM BLU for Cloudの日本語ガイド
    SIM (03/13)
  • IBM BLU for Cloudの日本語ガイド
    Okajima (03/13)
  • バッファープール、大きくしていますか?
    SIM (10/13)
  • バッファープール、大きくしていますか?
    fuku (10/13)
  • DB2 9.5小ネタ - 自動RUNSTATSの機能向上
    SIM (09/14)
  • DB2 9.5小ネタ - 自動RUNSTATSの機能向上
    なかひ (09/14)
  • バッファープール、大きくしていますか?
    SIM (08/12)
  • バッファープール、大きくしていますか?
    SIM (08/12)
recent trackbacks
archives