「これだけはおさえたい DB2 の運用」シリーズ

IBM developerWorksで、「これだけはおさえたい DB2 の運用」というシリーズ連載がスタートしました。
第一回は「DB2 運用管理の概要編」です。

- これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 運用管理の概要編
この記事では、DB2 を運用していくにあたって必要となる作業の全体像についてとりあげます。 個々の運用作業や、それらを支援する DB2 機能は、「これだけはおさえたい DB2 の運用」シリーズの後続の記事でさらに詳しく説明します。このシリーズは DB2 10.5 を前提としますが、DB2 9.7/DB2 10.1 など最近の DB2 であれば基本的に共通となる内容としています。

上記にあるように、特に最新のDB2に限った内容ではなく、過去のバージョンでもそのまま活用できる基礎的な内容になっています。
こういった情報は、基礎的過ぎて逆に情報が少ないので、連載形式で詳しく解説してくれるのはとても貴重ですね。

第二回以降はまだ掲載されていないようですが、以下の記事が予定されているようです。
これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 運用管理の概要編
これだけはおさえたい DB2 の運用: 障害回復のためのバックアップ・リカバリー編
これだけはおさえたい DB2 の運用: パフォーマンス維持のための運用 (REORG と RUNSTATS) 編
これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 を "見える化" するためのモニタリング運用編
DB2 の自動メンテナンス機能でここまでできた


DB2用Ruby/Railsアダプタ IBM_DB 2.5.18リリース。Rails 4.1を正式サポート

先月の話ですが、DB2を含むIBMデータベース用のRubyドライバ、かつRuby on Rails用のアダプタであるIBM_DBの新バージョンv2.5.18がリリースされていました。

以前はRuby用ドライバとRails用アダプタは同じバージョン番号が付いていたのですが、最近はRuby用ドライバ側が安定してきたのか、Rails用アダプタだけが更新される事が多いみたいですね。今回もRails用アダプタだけが更新されています。

- Rails Adapter/Ruby driver for IBM DB2 and IBM Informix
2014/08/03 (IBM_DB adapter 2.5.18, driver 2.5.14) :
- Support for Rails 4.1.x
- Enhanced installation to pull IBM Data Server Driver automatically if not present

今回の大きな変更点はRails 4.1をサポートしたことですね。過去のバージョンでも一部制限がありつつも動いていたようですが、正式にサポートされたのは大きな変更点です。

あと、インストール時に自動的にIBM Data Server Driverを引っ張ってくると書かれているのですが、これはgem install時、ドライバが入っていない場合はファイルを自動的にダウンロードしてくれるという事のようですね。

#clubdb2 次回は9月27日(土)お昼開催、クラウド上にディザスタリカバリDBを作成するハンズオン

お申込みいただいた方には直接ご連絡させていただきましたが、DB2の勉強会 CLIUB DB2の9月5日開催予定だったcloudantの回は急遽キャンセルさせていただきました。楽しみにしていただいていた方には申し訳ありません。どこかでcloudantの回は実施したいと思っておりますので、今後のご案内をぜひお待ちいただければと思います。

さて次回の CLUB DB2 は、土曜お昼開催のハンズオン(実機演習)です。今年は5月に続いて二回目の開催で、5月と同様 IDC Frontier 社共済のクラウドハンズオンです!

- 第188回 [土曜開催] DB2 HADR作成ハンズオン - ディザスタリカバリ対応DBをIDCFクラウド上に作る!
土曜日お昼の「ハンズオン(実機での演習)」、今年2回目の開催です!
5月のハンズオンは初心者向けのSQL学習でしたが、今回はDB構築のハンズオンです。昨今話題になる事が多くなったディザスタ・リカバリ(DR)用のデータベースシステムの構築方法をハンズオンで体験していただきます。

前回がかなりベーシックな内容だったのと比較して、もう少し高度な内容の実習です。内容としてはディザスタ・リカバリ(地震などで広域に障害が発生した際の待機系でのリカバリー)用DB作成です。前回同様、座学を少しやったあとは自習方式で端末からクラウドのDB2を操作して、構築作業を体験していただきます。
やや高度になったとはいえ、スタッフがご質問に対応しますので、初心者の方でも大丈夫です。

DB2にはHADRというディザスタ・リカバリ用DB作成機能があるのですが、その機能を使って、東京-福島の2拠点を結ぶデータベースを作成していただく、というハンズオンを実施予定です。クラウドならではの安価な待機系DB構築を体感していただければと思います。

ハンズオンを実施する関係上、最大30名までの参加者に限定させていただいていますので、ご興味のあるかたはぜひお早めに思うしこみください。

前回はクラウド環境で仮想環境を作る部分に時間がかかった事についてはIDC Frontierさんと協力して改善していますので、今回は(講習後に)すぐにDB2の設定に入っていただけるようになっています。HADR機能にご興味がある方、もしくは安価なクラウド上の待機系DB構築にご興味のあるかたはぜひお気軽にご参加ください。

なお例によって、参加自由の懇親会を勉強会後に開催いたします。こちらもよろしければご参加ください。

7月に開催した #clubdb2 の内容がWEB記事になっています

紹介が遅くなしましたが、7月に開催した CLUB DB2「データベース技術者は、データとどう向き合えばいいのか。みんなで考えてみよう!」を取材していただいて、WEBの記事になっています。

- 「データ分析」と「データベース技術者の心」の距離は近いか遠いか:企業のIT・経営・ビジネスをつなぐ情報サイト EnterpriseZine (EZ)
IBM DB2の勉強会「ClubDB2」が開催された。テーマは「データベース技術者は、データとどう向き合えばいいのか。みんなで考えてみよう!」。ビッグデータをテーマに動向解説にディスカッションを交えた会となった。講師は一志達也氏。

一志さんの熱演をとてもわかりやすい記事にしていただいています。参加したかったんだけど、できなかった。。という方はぜひ読んでみてください。

9/24に今年最後(多分)のDB2 BLUオンラインハンズオン研修が開催されます

以前にも何度か紹介していますが、今年も隔月間隔でDB2 BLU(DB2のカラムナDB機能)のオンラインハンズオン研修(DB2 BLU Acceleration Hands-on@Cloud !)が開催されています。オンラインでの研修ですので、電話とインターネットが繋がる環境であればどこからでも参加できる無料の研修です。

- DB2 BLU Acceleration Japan Unofficial Wiki : DB2 BLU Acceleration Hands:on@Cloud !
お客様やビジネス・パートナー様向けに、最新版 DB2 V10.5で搭載されたカラム型DBの機能をハンズオン形式でご体験いただける機会です。もちろん、無償でご提供します。ハンズオン当日は所定の時間にパブリック・クラウドを利用して「一人1台」の環境で実際にDB2の導入やカラム型DBの操作感をご経験いただきます。リモートで講師もスタンバイしますのでご質問も可能です。御社に居ながらにして、集合研修と変わらないエクスペリエンスをご提供いたします。

次回(というか今年最後のようですが)は、9月24日(木)です。
インターネットと電話さえあれば参加できますので、DB2やDB2のカラムナ(列思考)データベース機能にご興味のある方はぜひご参加ください。

#clubdb2 次回9/5(金)はNoSQLのDBaaS "Cloudant"について解説します

次回9/5(金)のCLUB DB2(DB2の勉強会)では、Cloudantの勉強会を開催します。

- 第187回 NoSQLベースのDB as a Service "Cloudant" って知ってますか?
データベースといえば、当然リレーショナルデータベース(RDB)を想像される方が多いと思いますが、最近はNoSQLと呼ばれる、リレーショナルデータベース(SQLで正規化されたデータにアクセスするデータベース)とは全く異なるデータベースが活用される事が増えてきています。
NoSQLはRDBを置き換えるもの、というよりは、RDBの苦手としている分野に強みがあるデータベースで、それぞれが補完関係にあります。

IBMが今年買収完了(する予定)のCloudantも、そのNoSQL型データベースの一種で、DB as a Service (DBaaS)としてクラウドで提供されています。今回のCLUB DB2では、そのCloudantについて、解説いたします。基礎から解説しますので、「NoSQLって何?」という初心者の方でも大丈夫。ぜひお気軽にご参加ください!

Cloudantは、NoSQL型のデータベースで、JSONフォーマットのデータを読み書きすることができます。

Cloudant社はApache CouchDBとのAPI互換を維持したまま、可用性を高めた"BigCouch"というOSSのNoSQLデータベースソフトウェアを開発しているのですが、そのBigCouchをDBaaS (DB as a Service)として提供しているのが"Cloudant"なわけです。

今回はこのCloudantの(おそらく)国内で初の勉強会です。DBaaSなのですぐに使い始められるNoSQLデータベースのCloudantについて勉強してみませんか?有償のサービスではありますが、無料枠もあり「一ヶ月$5以内の利用であれば請求しない」というルールになっていますので、気軽に試すことができます。

9/5(金)の19時開始、場所はいつもの渋谷です。すでに申し込み開始になっていますので、上記リンクからお申込みください。

今回はUstream中継も予定していますが、例によってネットワークや機器の調子によって中継できないこともありますので、その場合はご容赦ください。

IBM版Hadoop BigInsights v3にはDB2をベースにしたBig SQL機能が搭載。SQLでHadoopデータにアクセスが可能に

IBM版のHadoopである、InfoSphere BigInsightsの新バージョンv3について記者発表が行われて、それが記事になっています。

- Database Watch(2014年8月版):BlueMixのクラウドデータベースサービス/SQL on Hadoopは普及するか? (3/3) - @IT
オープンソースの分散処理のためのフレームワークである「Apache Hadoop」をIBMが独自の技術を加えて製品化したのが「IBM InfoSphere BigInsights(以下、BigInsights)」です。いわば機能強化したIBM版Hadoop。

BigInsights v3.0の新機能はいろいろあるのですが、目玉が"Big SQL"機能です。これはHadoopのHDFS上に置かれたデータをSQLでアクセスできるようにする仕組みです。
この仕組み自体はBigInsights v2.xからありましたし、「HadoopのデータがSQLでアクセスできる」というソフトウェアは他にもあります。

しかし、BigInsights v3のBig SQL機能は「リッチなSQLが使える」という他にはない特徴があります。他の"HadoopにSQLアクセスできるソリューション"は、SQLが使えるとはいってもかなり制限が厳しくて、サブクエリーすら使えないような実装だったり、関数がほとんど使えなかったりということが多いのですが、BigIntighstsの新機能は「ANSI規格のSQL 2011に完全に準拠」しています。それはどうやって実装したかというと...

- 日本IBM、Hadoop機能を搭載した最新のInfoSphere BigInsightsの機能を紹介 | マイナビニュース
BIG SQL 3.0では、ANSIのSQL 2011に準拠しているほか、クエリの書き換えや最適化により、精度の向上や高速化が図られているという。
また、JDBC/ODBCドライバはDB2と同一のものが利用できるほか、Python、Ruby、Perlなどの多くの言語も利用できる。


つまり、中のSQLエンジンはDB2からの移植なんですね。そのために利用できるSQLや通信プロトコルがDB2と同じになっていて、既存のJDBC/ODBCなどでDB2につながるプログラムがそのまま使えるというわけです。

- [ 2/2 ] 「エンタープライズに必要なのはSQLとの互換性」、IBM版Hadoop「InfoSphere BigInsights」の姿 | IT Leaders
SQLの利用やMapReduceプログラミングの簡素化は、Hadoopエコシステムである「Hive」や「Pig」などを使えば可能である。Big SQLも構造的にはHiveとほぼ同じ。だが、ANSI規格のSQL 2011に完全に準拠するほか、次のような強化を図っている。
・アプリケーションの可搬性:周辺環境とのデータ共有、種々のファイルフォーマットのサポート、「Cognos」や「SPSS」といったIBM製分析ツールとの連携
・パフォーマンス:SQLクエリを最適化するリライト、DB2派生のオプティマイザ、複数処理の同時実行に対するスループットの最適化、実行結果のキャッシングなどメモリーの有効活用、Hiveに比較して最大42倍の高速化
・フェデレーション(周辺との連携):複数データソースを統合するSQLの実行、DB2やNeteezaのIBM製品に加え、TeradataやOracleなどをサポート
・エンタープライズ要件への対応:OS認証、Kerberos、LDAPといった認証形態のサポート、ユーザー個別のセキュリティ、監査、TLSによる通信経路の暗号化


実際に動かしてみると分かるのですが、psコマンドで見てみるとdb2という名前のプロセスが多数起動しますし、SQLコマンドプロンプトもDB2そのものです。HDFS上で動くようにDB2のSQLエンジンを移植したという感じですね。

Hadoopを使うにはMapReduceで処理を書く必要があったのですが、SQLであればこのあたりの敷居が大きく下がります。JDBCやODBCで既存のGUIツールをつなげてデータ閲覧するのにも使えますね。

BigInsightsには、無料版の「Quick Start Edition」が存在します。通常のインストール版に加えて、VMwareイメージ版もありますので、とりあえず試すだけであれば、インストール不要ですぐに使いはじめることができます。

Hadoop上のデータをSQLでアクセスすることに興味がある方はぜひ試してみてください。

- IBM InfoSphere BigInsights Quick Start Edition: 概要

Database Watch 2014年8月号で #CLUBDB2 のBluemix回が紹介されました

8月はお盆休みもあって、CLUB DB2(DB2の勉強会)は8/1(金)の"Bluemix解説"の一回だけの開催だったのですが、その回の内容を@ITのDatabase Watch 2014年8月号に紹介していただきました!

- Database Watch(2014年8月版):BlueMixのクラウドデータベースサービス/SQL on Hadoopは普及するか? (1/3) - @IT
8月1日に実施したClubDB2では日本IBMソフトウェア事業本部 牧裕一朗氏(写真)がBluemixの概要を解説し、日本IBMシステムズ・エンジニアリング データ・プラットフォーム 曽田俊明氏と板谷有希子氏が実際にどのように使うのかデモを披露してくれました。

IBMのPaaS Bluemixは、7月に正式リリースされたばかりでまだ情報が少ないのですが、DB2のサービスも開始されていますし、DB2以外にもWebアプリケーションサーバや、twilioといった電話API、またIBM以外のアプリケーションであるPostgreSQLやMySQLが使えたりと、すでに実用的なサービスが揃っています。

記事では管理コンソールの使用イメージを含めて紹介していただいていますので、Bluemixにご興味がある方はぜひよんでみてください。

そして3ページ目にはIBM版HadoopのBigInsightsが紹介されているのですが、実はDB2に非常に関係するので、次のエントリで。

#clubdb2 今年の開催予定を更新しました 8/1はBluemix (PaaS)、 9/5はCloudant (DBaaS)

「DB2の勉強会」という名前ながらも、DB2にこだわらずにRDB全般やNoSQLの話題も扱っている #CLUBDB2 の今年後半の日程を更新しました。

- CLUB DB2

変更の可能性もありますが、ほぼ以下の予定で開催できると思います。
2014年8月1日(金) 第186回 次世代クラウドプラットフォーム(PaaS) IBM Bluemixを使ってみた!
2014年9月5日(金) 第187回 NoSQL型のDB as a Service "Cloudant" (仮)
2014年9月27日(土) 第188回 IDCフロンティア+CLUB DB2 土曜ハンズオン 第2弾(仮)
2014年10月10日(金) 第189回 (内容未定)
2014年10月24日(金) 第190回 (内容未定)
2014年11月14日(金) 第191回 (内容未定)
2014年11月28日(金) 第192回 毎年恒例!ちょっと早いクリスマスパーティ! (仮)


次回は今週末8/1(金)のBluemix回です。IBMが7月から始めた開発者向けPaaSです。始まったばかりなので全く知らない方も多いと思いますが、初心者の方でもメリットや特徴が分かるように説明していただく予定ですので、ぜひお気軽にお越しください。

その次は9/5(金)にIBMが最近買収したNoSQLのDB as a Service (DBaas)のCloudantを予定しています。こちらもまだまだ情報が少ないので、最新情報をたくさんお届けできると思います。

さらにその後の9/27(土)は今年二回目の土曜お昼開催のハンズオン(PCを使った実習)を予定しています。鋭意企画中ですので、お楽しみに。

内容未定としているところも、実はほぼ決まっているのですが、まだ内緒ということにさせてください。

例によって年の最後は「ちょっと早いクリスマスパーティー」で色々な人から短めの発表をしていただきつつ、みんなでわいわいと楽しめる会にしたいと思っています。


#clubdb2 次回8/1(金)ではIBMの開発者向けPaaS "Bluemix"の解説を行います

この7月から本格サービスを開始したIBMのPaaS "Bluemix" は、簡単にアプリケーション開発の環境を作ることができるクラウドサービスです。ボタンを押して数十秒待つだけで、開発や運用に必要なサービスが起動します。

IBM Bluemixでどういったサービスがあるかは、以下のサービス一覧を見ていただくのが分かりやすいのですが、WebアプリケーションサーバやRDBだけでなく、キャッシュサービス、モバイル用のプッシュ通知、電話(Twillio)、ワークフロー、NoSQLサービス等、非常に多様なサービスが提供されていて、これらをボタン一つで使えるようにできるのが非常に魅力的です。

- Bluemix サービス一覧

また、無料可能な部分も用意されているため(サービスによりますが)、気軽に試してみることが可能です。無料分については以下に少し書きました。

- IBMの開発者向けPaaS Bluemixが正式サービス開始!価格、無料枠などの情報が公開 | Unofficial DB2 BLOG

さて、前置きが長くなりましたが、次回8/1(金)の CLUB DB2 (DB2の勉強会コミュニティ)ではこのBluemixの解説です!

- ClubDB2 : 第186回
今回は、このBluemixについてのセミナーを行います!

前半はPaaSとは?というところからデモを交えて説明しますので、Bluemixって何?PaaSって何?という方も、大丈夫です!
また、BluemixにはいくつかDB2のエンジンをベースにしたサービスがありますので、その使い勝手などを解説していただきます。

引用にあるように、"Bluemixって何?"という基礎からDB部分のサービス解説まで、PaaSに興味がある開発者の方向けの内容になっています。

BluemixにはMySQLやNoSQLを含む多くのデータベースサービスがあるのですが、やはりCLUB DB2ですので、DB2をベースとしたRDBサービスを中心に解説していただく予定です。

8/1(金) 19時から渋谷で開催します。すでにお申込み開始になっていますので、ご興味がある方はぜひお早めにお申込みください!(USTREAM中継も実施予定です)

なお、いつも通り、終了後に自由参加の懇親会も開催しますので、よろしければこちらもご参加ください。

検索
著書
DB2cover_small.jpg
DB2の管理方法を解説した本を書きました。
CLUB DB2 今後の予定
ad
リンク集
about this site
recommend
プログラマのためのSQL 第4版
プログラマのためのSQL 第4版 (JUGEMレビュー »)
ジョー・セルコ
名著が第4版として、内容拡充されて発売されました。SQLの考え方を基礎からしっかり学習したい方にお勧めです。
recommend
recommend
WebSphere Application Server 構築・運用バイブル 【WAS8.5/8.0/7.0対応】
WebSphere Application Server 構築・運用バイブル 【WAS8.5/8.0/7.0対応】 (JUGEMレビュー »)
串宮 平恭,達見 圭介,田中 孝清,原口 知子,福崎 哲郎,盛林 哲
WebSphere Application Serverの運用管理本が出ました!WAS v7〜v8.5まで幅広いバージョンに対応しています。
recommend
recommend
Effective Java 第2版 (The Java Series)
Effective Java 第2版 (The Java Series) (JUGEMレビュー »)
Joshua Bloch
すべてのJava開発者必読の書が大幅改訂されて第2版になりました!。
文法などは解説していませんが、Java言語でプログラムを書くにはどういう事に気をつけるべきかという事が非常に端的に、かつ明確な理由とともに解説されています。
第2版ではJava SE 6対応がなされ、第1版で提案してJava SEに取り込まれた部分は整理され、新しい機能であるGenericsやアノテーションについての記述が多数追加されています。以前に増してお勧めできる書になりました。
まだ読んだことが無いJava開発者はぜひ読んでみてください。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

基礎的なSQLは書けるようになったけど、今ひとつSQLのルールになんとなくしっくりこない、腑に落ちない。そんな人にお勧めの入門書です。SQLの根底に流れる基本的な考え方をやさしく解説してくれています。(レビューはこちら)
recommend
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方 (JUGEMレビュー »)
ジョー・セルコ,Joe Celko
SQL入門を終えて、SQL中級/上級者になりたいと考えている方にぴったりのトレーニング本です(レビューはこちら)
recommend
XML-DB開発 実技コース
XML-DB開発 実技コース (JUGEMレビュー »)
下佐粉 昭,野間 愛一郎,久保 俊彦,高橋 賢司
XML-DBのやさしい入門書です。XMLの基礎から、XPath,XQueryの解説、設計の基礎、Javaでのプログラミング等盛りだくさんの内容です。
recommend
データベースパフォーマンスアップの教科書 基本原理編
データベースパフォーマンスアップの教科書 基本原理編 (JUGEMレビュー »)
エンコアコンサルティング
DBMSの基本的な内部構成、動作についての考え方をやさしく解説してくれています。(レビューはこちら)
recommend
メインフレーム実践ハンドブック z/OS(MVS),MSP,VOS3のしくみと使い方
メインフレーム実践ハンドブック z/OS(MVS),MSP,VOS3のしくみと使い方 (JUGEMレビュー »)
神居 俊哉
メインフレームの技術について、基礎概念から、実践的な使い方までを網羅した初めての解説書です。
recommend
 (JUGEMレビュー »)

CSSの概念/基礎をしっかりと解説してくれるCSS入門書。サイトへの実践的な適用方法も解説されています(レビューはこちら)
無料のDB2 Express-C
DB2 Express-C ダウンロード
recent entries
categories
recent comments
  • OpenSSLのHeartbleed脆弱性(CVE-2014-0160)は、DB2には影響ありません
    SIM (04/24)
  • OpenSSLのHeartbleed脆弱性(CVE-2014-0160)は、DB2には影響ありません
    oda (04/23)
  • IBM BLU for Cloudの日本語ガイド
    SIM (03/13)
  • IBM BLU for Cloudの日本語ガイド
    Okajima (03/13)
  • バッファープール、大きくしていますか?
    SIM (10/13)
  • バッファープール、大きくしていますか?
    fuku (10/13)
  • DB2 9.5小ネタ - 自動RUNSTATSの機能向上
    SIM (09/14)
  • DB2 9.5小ネタ - 自動RUNSTATSの機能向上
    なかひ (09/14)
  • バッファープール、大きくしていますか?
    SIM (08/12)
  • バッファープール、大きくしていますか?
    SIM (08/12)
recent trackbacks
archives